出会い系プロフィール書き方・コツ

自分がどんな人間で、どんな女の子との出会いを希望しているのかを、文章でいかに上手く伝えられるかが勝負です。

 

女の子からメッセージが届く「プロフィールの書き方」「メッセージ」のコツを挙げてみましょう。

 

コツさえつかんでしまえば、それほど難しいものではありません。

 

注意しなければいけない点をチェックしながら進めて行きましょう。

 

目につくプロフィールの書き方

やってはいけないこと

まず、プロフィールを書くにあたって絶対にやってはいけないことがいくつかあります。
これはどんな目的でも共通することですので、まず頭に入れてください。

 

1、箇条書きにしない

例えば
  • 20歳~25歳
  • 明るくて話しやすい子
  • 写メ・直メ希望

と書くと、淡白で自分勝手な印象を受けますよね。

 

2、否定的な文章にしない

例えば
  • 「30歳以上NG、○○駅近辺の子限定で」

と書くと、高圧的な印象を受けますよね。

 

好印象を受ける文章の書き方

 

次は、好印象を受ける文章の書き方です。

 

乱暴な言葉は使わない

まず、乱暴な言葉を使うのはやめましょう。

たまに格好つけて雑な言葉遣いをする男性がいますが、本人にはその気がなくても、怖い人、常識のない人、と受け取られてしまうことがあります。
女性は弱い立場です。力でも言葉でも、抑えつけられたら男性にはかないません。
だからこそ優しい男性を求める女性が多いのです。
相手が同年代、年上であれば軽めの敬語、年下であればなるべく同じ立場で伝えるようにしましょう。

 

わかりやすく簡潔に

相手に好印象を与える文章は、わかりやすく簡潔である必要があります。

質問攻めや、一方的、慣れ慣れしすぎる文章は嫌われます。
自己紹介をするときは特に気をつけましょう。

 

「30歳会社員です。趣味はゴルフです。休みは日曜日です。すぐ会える人メッセージください」
「自動車メーカーで働く30歳です。月に1度のゴルフが最近の楽しみです。土日休みなので、予定が合うかたを探しています」

 

同じことを伝える文章ですが、下のほうが良い印象を受けませんか?
相手の立場になって考えてみることが重要です。

 

プロフィールはこのように作ればよいのです。
どういう人物なのかある程度想像できるように書くと女性からの信頼度も上がります。

出会える男になるために

 

他にもいくつか気をつけなければいけないことがあります。
柔らかく丁寧に書くことは先に述べましたが、元気な印象を受ける文章だとさらに良いですね。

 

ネガティブなことはは書かない

「~は苦手です」「~は自信がありません」など、事実だとしてもネガティブがことは書かないようにしましょう。
その分、得意なこと、詳しいことを積極的に書きましょう。
この時に趣味について熱く語るのではなく、女性とデートをするときに役立つようなことを書きましょう。
例えば「~が好きで、○○まで食べに行くこともあります」「旅行が好きで、半年に1度はドライブ旅行に出かけます」などが良いと思います。

 

顔やスタイルに自信がない場合

顔やスタイルに自信がない場合も、ストレートに書くのは避けましょう。
書き方ひとつでだいぶ印象が変わるものです。
コツをつかんでください。

 

だからといって「顔は普通でぽっちゃり体系」と書いてもわかりません。
自分ではそう思っていても、面識のない女性の立場から考えると情報が少なすぎるのでスルーされてしまうでしょう。
「○○(芸能人など)に似ていると言われます。170cm65キロです」など、わかりやすく書きましょう。
明らかに違うことを書くと実際会ったときに「嘘つきじゃん」と思われてしまいますが、多少の嘘ならついてもかまいません。
身長168cmを170cmにする程度なら問題ないでしょう。

 

印象に残るプロフィール

  • 自分のことを詳しく書く、この人と遊んだら楽しいかもしれないと思わせる趣味を書く、ネガティブなことは書かない。
  • 箇条書きやわかりにくい表現を避ける、乱暴・雑な言葉を使わない、自分にしかわからないようなことを書かない。

 

これを守れば、出会い系で印象に残るプロフィールが書けるはずです。

 

メッセージの書き方

次は、メッセージの書き方です。
相手に質問するとき、下の2つだったらどちらが好印象だと思いますか?

 

「何歳?どこに住んでるの?できれば横浜で会いたいな。来週はいつ休みなの?」
「僕は32歳です。同じくらいかな?家は川崎で、横浜方面に飲みに行くことが多いです。休みが合うといいね」

 

これは、下のほうが良い印象を受けると思います。

 

相手に質問するときは、まず自分のことから書くようにしましょう。
こうすることによって柔らかい印象を受けますし、あなたの行動範囲や人柄が伝わり、相手も自分のことを話しやすくなります。

 

出会い系でありがちな「いつ会える?」「何目的?」など、短い文章を送るのはやめましょう。
余裕のなさが見え見えで、女性はひいてしまいます。

具体的な書き方

 

目的によってプロフィールの書き方を工夫してみましょう。
出会い系サイトには様々な女性がいます。
ネット婚活している女性、恋人を探している女性、エッチ目的の女性、これといった目的がなく暇潰しに利用している女性、と様々です。
20代の学生、30代以上の独身女性、人妻・・・いろいろな人がいます。

 

恋人や結婚相手を探している場合

 

例えば恋人や結婚相手を探している場合、堅実なプロフィールが一番です。
年齢、職業、趣味、外見は必ず書きましょう。
これに加えて、自己PRと目的が恋人・結婚相手探しであることも書きましょう。
自己PRは重要です。
趣味、特技、休日の過ごし方などを書くと、自分に合う相手が見つかりやすくなります。
登録している男性は他にもたくさんいますので、女性の目にとまるようなアピールができると良いですね。

 

最後に、出会いを求めていることをアピールしましょう。

ただの自己紹介で終わってしまうより、一文付け加えたほうがメッセージの数も増えるでしょう。
単純に「恋人探しています。メッセージください!」と書くのではなく「ワインの美味しいお店を探すのが好きです。まずは一緒に飲みに行きませんか?」と書いたほうが女性の心を掴めます。

 

「はじめまして、ツヨシです。愛知県在住、32歳です。名古屋で営業マンやってます。
フットサルやジョギングなど体を動かすのが好きです。東 幹久に似ていると言われたことがあります。
恋人募集中です。一緒にお酒を飲みに行ったり、ドライブしてくれる人を探しています。気軽にメッセージください」

 

このように、自己紹介しつつ出会いを求めている雰囲気を出すのがコツです。

 

大人の出会いを求めている

大人の出会いを求めているときも、基本は同じです。
簡単すぎる自己紹介や、自分勝手な要望をプロフィールに入れるのは避けましょう。

 

出会い系プロフィールは不特定多数の人が見るものです。
中には理想的な女性もいるでしょう。
そんな女性を逃さないためにも、無碍にせず、書き方をしっかり考えましょう。

 

注意して欲しいのは、大袈裟なことを言わない、嘘をつかない、この2つです。
あとで挽回できる小さな嘘なら多少あっても良いのですが、大きな嘘をつくと後々つじつまが合わなくなります。
一度信用を失うとメッセージが途切れてしまうので注意しましょう。

 

 

更新履歴